防水工事に最適ターボルーファー(プロパンバーナー)の特徴

防水工事に最適ターボルーファー(プロパンバーナー)
FAX発注書ダウンロードボタン

ターボルーファー(プロパンバーナー)V2登場

株式会社尾崎亀商店のターボルーファー(プロパンバーナー)が新しくなり、
「ターボルーファーV2」として登場しました
V1の時のよい部分はさらに伸ばし、今まで少し不満があった部分は改良するという正統進化を遂げました
防水道具専門として96年看板を掲げてきた尾崎亀商店だからこそできる、
トーチ工法用のプロパンバーナーとして推薦の一品です

ターボルーファーV2で新しくなった機能

火力はさらに強力に

ターボルーファーの最大の特長であった火力はさらに強力にパワーアップ!
そして今回のバージョンアップでは火口の先に火力を集中することにこだわったため、
火口から出た火が広がらず火の先端に炎が集中します

ホースが絡まらない

新しくなった絡まらないターボルーファーのホース

ターボルーファーV1では、仮置き時にホースを慎重におく必要がありました。
ターボルーファーV2では、ホースに ジョイント機能付いたため、360度自由に回転するので
ホースが回転せず絡まりません

ジョイント用の工具が不要

新しくなったプロパンガスとターボルーファーを接続させる工具不要ジョイント

さらに専用レギュレータはプロパンガスとターボルーファーを接続させる際に、手で回しやすくなり
工具不要になりました

ガス量調整と空気量調整の2段階調整弁

新しくなったターボルーファーのガス量調整と空気量調整の2段階調整弁画像

赤のつまみは空気量調整弁、黒のつまみはガス量調整弁です
点火後赤のつまみをひねることにより、種火にすることも可能です
黒のつまみはガス量調整弁のため、火力そのものに影響します
※実際の使い方は説明書をご確認ください。

さらなる軽量化

ターボルーファーV2のさらなる軽量化画像

元々軽量で名高いターボルーファーはなんとV2ではさらなる軽量化が図られました
ホースがない状態で驚異の「744g!」
さらに全体のバランスがよいのか、持った感覚としてはペットボトル1本分くらいの感覚です

※写真を撮影した条件は火口50、ホースを外した状態です

全パーツワンタッチでの交換が可能

新しくなったターボルーファーの全パーツワンタッチ画像

火口はもとより、ホースもレギュレータもスタンドもハンドルも、全てワンタッチでの交換が可能です
それぞれのパーツをお客様ご自身で交換していただくことが可能なため、
末永くターボルーファーをご愛用いただくことができます

ターボルーファーホースカット用部品3点セット カッティング方法

1.お使いのターボルーファーホースのネジ付の部分をハサミでカットします。 お好みの長さにする場合はその長さまでカットしてください

※ハサミはできるだけ切れ味の良いものをご使用し、ケガなどにご注意ください


2.カット後の状態になります


3.2.の状態にターボルーファー別売りの【ID:84821】ターボルーファーホースカット用部品3点セット内の ステンレスバンドを先にいれます


4.次に3点セットの残りの2つを図のように組み合わせます。


5.4.の組み合わせ後の画像になります


6.2.のホースの先に5.で作ったものを差し込んでください


7.最後にマイナスドライバーでしめれば、
ホースカットの完了です

※ステンレスバンドがきっちりしまっていることを確認し、
初回使用時にガス漏れがないことを確認してください


ターボルーファーV2の保証について

購入日から1か月以内の初期不良に関しては無償での交換!
尾崎亀商店は、ターボルーファーV2に絶対の自信を持っております
ただもしもの万が一に備えて「生産物賠償責任保険(PL保険)」加入済み

ターボルーファーはプロ向けのプロパンバーナーという商品の性質上、根本的な劣化が致命的な事故につながる可能性がございます
皆様に安全にご使用いただくためにも、あえてターボルーファーの修理業務は行わず新品への部品交換をご推奨させていただいております
もちろん長期間ご愛用いただけるように部品の価格も、自信を持ってご提案させていただいております

ターボルーファー関連商品






FAX発注書ダウンロードボタン

ターボルーファーV2に引き継がれた機能

火力調整機能付き

ターボルーファーV2に引き継がれた火力調整レバー

ガス放出量調整後手元のレバーを握ると火力MAX、離すと種火という手元での火力調整可能です

火口らくらく取替可能

先端の火口は工具はいらず手で回すことによって交換可能
※必ず火口が熱くなっていないことを確認してから、作業を行ってください

作業中の仮置きスタンド

ターボルーファーV2に引き継がれた仮置きスタンド

防水工事施工中に少しだけプロパンバーナーを置きたいな、そういう時にすごく便利な
仮置きスダンドがございます
上記のホースが絡まりにくくなったことと合わせて、さらに仮置きスタンドの使い勝手が向上しました

種火性能

少しだけ作業中断したい時や、施工ポイントから移動する際など「プロパンガスがもったいない」
のお声にこたえる機能です
レバーをひねることで簡単に極小の炎状態(種火状態)にすることができます

新商品「ターボルーファー用電子着火火口 50」登場

手元でカチッと押すだけで着火できる「ターボルーファー用電子着火火口 50」が新発売
15秒目くらいの時に電子着火機能を使用しております

種火機能を利用してのつけっぱなしも作業効率のためにありですが、電子着火を利用すると
ガスの無駄や転倒時の被害拡大などが防げます

※セットにはついていない別売りのパーツにはなります

ターボルーファー用電子着火火口 50

ターボルーファー(プロパンバーナー)の特長

ターボルーファーは防水工事プロ愛用のプロパンバーナーです
ターボルーファーの炎は、トーチ工法に最適なソフトな棒状炎
アスファルト防水シートのあぶり、トーチ工法、板金加工、塩ビパイプの加熱加工などのあぶり作業に最適!
除草作業やアスファルトの舗装・補修工事、道路の工事作業にオススメなプロパンバーナーです
火口の口径としては、50mmと70mmの2種類が標準セットに付属です。

ターボルーファー(プロパンバーナー)の使用例動画

ターボルーファー説明書

印刷用

取扱説明書を紛失なさった場合は、 下記のダウンロードボタンを押してダウンロードしてください

PDFのまま見る用

ターボルーファー(プロパンバーナー)ご使用上のご注意

ターボルーファー(プロパンバーナー)の使用時は、ガス漏れ等の防止のためプロパン側のネジが
しっかりしまっていることをご確認の後ご使用下さい
またターボルーファー(プロパンバーナー)ご使用の際は、 付属ホースの破損がないか、
周りに人や燃えやすいものがないかなど十分に装置や使用周辺状況をご確認の上、
ターボルーファー(プロパンバーナー)をご使用ください